2011年05月24日

銀と金 8話

望んでたんだろ、心のどこかで。
誰かがケツを持ってくれるのを・・・・・・・・・
(平井銀二)



仕手に引き分けはあらへん。
大損こくか、大勝か・・・?
どっちかや。
(梅谷哲)



金利でくう・・・か?
ぼうず・・・・・・それは死人の考えや・・・・・・・・・
血の通った人間が金を持ったらそうは考えん。
10人中9人は考えなくなる・・・・・・
損を承知で人は生きれんのや。
それほど銀行金利は低い・・・・・・
あの低さはサギやからな。
サギ師に騙されながら生きるのも気分が悪い
(梅谷哲)



ふ〜〜〜なんやおどれと話をしてると、
わいも落ちるところまで落ちたって気になるわ・・・
(梅谷哲)



もうムリだね・・・・・・・・・・・・
ここまで来たらことがばれるのは時間の問題。
あんたは退職金も貰えずほっぽり出される。
ただ・・・泥をかぶる気なら道はある・・・・・・!
(平井銀二)



話しは聞いてる。ツイてなかったな。
まったくさんざコマとして使っといて、
やばくなればぶった切るんだからな。
あんたそんな連中に恩だ義理だ感じる必要ないよ・・・・・・!
自分の利をとりなっ!構うことはない、
上だってしていることだ・・・・・・!
責任全部あんたにかぶせてな。
(平井銀二)



闘おう・・・・・・!
天下の「帝銀」から見れば
確かにオレたちはゴミみてぇなもんだ。
でもな・・・・・・・・・
犬死にするこたぁないよ、内村さん。
あんた首切られる時までいいなりかよっ!
コマで死ぬより、人で死ねっ・・・・・・!
(平井銀二)



銀と金―恐怖の財テク地獄変 (1) (アクションコミックス・ピザッツ) [コミック] / 福本 伸行 (著); 双葉社 (刊)
posted by mangakotoba at 18:41 | Comment(0) | 銀と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

年度末に確定申告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。