2011年05月28日

銀と金 14話

こいつら、表面上はどんなに礼儀正しくふるまっていようと
心の中じゃ・・・・・・オレたちを軽蔑している・・・・・・
仕手側と会社側じゃ利害がもろに対立・・・・・・
敵対意識があって当然だが・・・・・・
そういうことじゃなくて人間として・・・・・・・・・
オレや銀さんを一段低い者として
肚の中で見下しているんだ・・・・・・
エリートの傲傲慢・・・・・・!
(森田鉄雄)


目の前の敵より自分の保身に気がまわるのは
サラリーマンの特性・・・・・・!
(平井銀二)


伊沢は将来・・・・・・この国の頂点に昇りつめる男だ・・・
それに帝銀・・・・・・この大ゴマふたつ得れば・・・・・・・・・
もう今回の仕手はオンの字さ・・・・・・・・・
華なんていくらでも奴らに持たせてやる・・・・・・!
そのために仕手の勝ちが5億や10億目減りするくらい
なんでもない・・・・・・これは布石なんだ・・・・・・・・・
(平井銀二)


銀と金―恐怖の財テク地獄変 (2) (アクションコミックス・ピザッツ) [コミック] / 福本 伸行 (著); 双葉社 (刊)
posted by mangakotoba at 01:46 | Comment(0) | 銀と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

年度末に確定申告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。