2011年06月19日

覇3話の名言

もう手を抜かないぞ、張飛・・・
あんたが、劉備と義兄弟の誓いをしたのは、
真に心を通じたのではない・・・・・・
“恐怖”がその大半だ・・・違うか?
あんた(関羽)とは闘らないよ・・・
あんたを“義兄弟”に縛りつけたのは
“恐怖”ではない・・・
あんたは、ただ“御旗”が欲しかった!
ならばあんたは、オレを倒すより先に
やることがあるはず・・・・・・
この剣はもらっておくよ・・・
あんたとは同じ道を疾る身・・・
いずれまた会う。
(劉備玄徳)


斬ろうと思えばいつでも斬れる・・・・・・
その前にやるべきことがある・・・・・・
穴を掘れ、張飛・・・・・・
劉備玄徳の墓穴ではない・・・・・・
ここに転がっている
素性も判らぬただの骸の墓穴だ・・・
(関羽雲長)


中山靖王末裔・劉備玄徳という“御旗”がなくては、
兵は挙がらぬ・・・
“御旗”は、幻でも生かし続けなければならんのだ。
(関羽雲長)


よく覚えておけ、青峰・・・
“教え”には、“正”もあれば“邪”もある。
“邪”の教えは、はしょせん“権力”を握るための手段!
おまえが真に民のために立つのなら、
己自身の“教え”を起てい!
(劉備玄徳)


何故赤子ごとオレを斬らぬ?
(関羽雲長)

子供、女は“兵”ではない・・・・・・・・・
(劉備玄徳)


覇-LORD 1 (ビッグコミックス) [コミック] / 武論尊 (著); 池上 遼一 (イラ...
posted by mangakotoba at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
年度末に確定申告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。