2011年06月23日

銀と金57話

今までの連中がどうしてことごとく
会長にやられてしまったかというと
連中は本気で会長に勝とうとしなかったからです
勝負の前に会長との間で取り決められた多額の掛け金
連中はその金のぶんだけ勝とうとした・・・・・・
そこが勝負のポイントだと勘違いした
錯覚です
あまりに掛け金が巨額であるがゆえに生まれた錯覚・・・・・・
そんなのポイントでもなんでもない
真に勝敗を分けるポイントは対戦相手の破滅
これしかない・・・!
相手の破滅を目指さずして
どうして相手を追いつめられましょう・・・・・・・・・
連中は皆そこを見あやまった・・・・・・・・・
連中が会長を倒せなくて当然
勝負の根本を勘違いしているのだから
(森田鉄雄)


俺たちには策など最初からありはしなかった・・・・・・
オレにもないし・・・・・・・・・
森田にもない・・・
オレたちはただボーッと
運命の前に突っ立ってるだけ・・・・・・
ハダカで・・・・・・
(平井銀二)


この男は捨て身で悪をうつ
計れない・・・・・・・・・
奴の心中も、その狙いもなにもかも・・・・・・!
(蔵前仁)


金など一銭もいらないとそう言ってるんですよ
おまえだよ・・・・・・蔵前を殺る・・・・・・!
(森田鉄雄)


銀と金―恐怖の財テク地獄変 (6) (アクションコミックス・ピザッツ) [コミック] / 福本...
posted by mangakotoba at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀と金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211339027

この記事へのトラックバック
年度末に確定申告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。