2011年07月12日

バクマン139話


やっぱスゲーなエイジ・・・
1位獲り続けて巻頭カラーで終わり
カッコいいよな・・・・・・・・・・・・
(高木秋人)

・・・・・・・・・・・・うん・・・・・・
それだけにより悔しい・・・・・・・・・・・・
(真城最高)



「CROW」が・・・エイジが居なきゃ1位か・・・
逆に言ってエイジが居たからここまでできたんだけどな
(高木秋人)


エイジがいなかったら
俺達はマンガ家としてここまでこれていない・・・・・・
うん立派・・・・・・おめでとうって言いたくなってくるよ
こんな終わり方してみたい
憧れる・・・・・・
(真城最高)

確かに
1位獲り続けて巻頭で終わりなんてやってみてーよなあ〜
(高木秋人)


こんなことやられちゃうと
もうおみそれ致しましたとしか・・・・・・・・・
いや本当に“おめでとう”って言いたくなる
マンガ家として・・・・・・・・・
ライバルとして・・・・・・・・・
仲間として
(高木秋人)

だな
(真城最高)


「CROW」を最後まで担当できたことを誇りに思います
そして・・・・・・お疲れ様でした!!
(服部雄二郎)


も・・・もう新作描いているのか!?
(服部雄二郎)

描いてないと落ち着かないから描いてるだけです
(新妻エイジ)


連載するために描いてるんじゃないですし調べる必要ないです
(新妻エイジ)



いつの間にこんなに描いたんだ!?
普通余るどころか足りないんだよ・・・・・・・・・
(服部雄二郎)


そうか新妻くんは「休め」と言ったって
マンガを描く常に描いていたいんだ
黙っていたって次々と作品は生まれるんだ・・・・・・・・・
・・・・・・・・・下手にこれなどと決めつけるより
自由にやらせた方が・・・・・・・・・
焦らない方がいい・・・
(服部雄二郎)


これなら・・・・・・
新妻くんなら「CROW」以上・・・・・・
いや・・・・・・・・・ジャンブの歴史・・・
史上最高の名作を生み出す可能性を持っている
そうだよ「CROW」はいくら人気があったとはいえ
今のジャンプでの1位を20週獲っただけの作品・・・
今はもっと引き出しを・・・
(服部雄二郎)


あれは男と男の勝負です!男の勝負がわからない人はつまらないです
(新妻エイジ)



維持やプライドを張り合って切磋琢磨していくのがライバルっていうか・・・・・・
(高木秋人)


僕は青森から東京に出てくるマンガを描くのは楽しかったけど・・・
いつも一人でした。
でも「ジャンプ」で連載するようになって・・・・・・
読んでくれる読者・・・・・・
それに何よりも亜城木先生という最大のライバルや競い合う仲間に出会えました
本気で接してくれるライバル・・・・・・仲間・・・・・・
幸せです・・・・・・・・・もう1人じゃないそれがものすごく嬉しいです
いつもありがとうです
(新妻エイジ)


まだ終わったわけじゃない!
「CROW」は負けました・・・
けど勝負が終わったわけじゃない
(真城最高)

はい永遠の―――宿命のライバルです
(新妻エイジ)


次に僕が描くマンガには亜城木先生は勝てないです
亜城木先生には教えといてあげます
次に描くマンガは・・・・・・・・・
「ジャンプ」で一番じゃなく世に出たマンガで一番のマンガです!!
(新妻エイジ)


ではお邪魔しましたスゥイユウアゲインです
(新妻エイジ)



posted by mangakotoba at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | バクマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214516487

この記事へのトラックバック
年度末に確定申告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。