2011年07月31日

デラシネマ32話

月はなぜああも美しいかわかるか?
闇に耐えているからだ
・・・だがお前は闇に耐えられるか・・・・・・?
(市岡歌蔵 御大)


お前はまだ若い
経験もない
何もわかっていない
だが私は
何年も経験と研鑽を積み
その道の先頭に立った時
「スター」に祭り上げられた
その私の目に何が見えると思う?

歓声をもって迎えてくれる大勢のファンか?
成功で手にした金か?
映画をヒットへ導くための確実な道筋か?

違う暗黒だ
いくら求め努力しても結局は何も見えないんだよ
(市岡歌蔵 御大)


道を極めようとすれば
誰も足を踏み入れたことのない道
果たしてそこが地面なのか
底なしの沼なのかもわからず
踏み込まなければならない
(市岡光春)


それが役者だからな
その闇にお前は耐えられまい
だから私に付け
共に私の映画に出るんだ
(市岡歌蔵 御大)


断る
もちろんあんたに呼ばれりゃ
いつでも斬られに来てやるよ
専属ってのがどうもな
オレはあんたの杖で終わりたくねえし
たとえ暗闇に足を踏み入れたって
俺には出口を開けて待っててくれてる
奴がいるからよ
(宮藤武晴)





posted by mangakotoba at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | デラシネマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
年度末に確定申告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。