2011年06月26日

神の雫303話

流れ落ちた涙は、“新たな枝”を伸ばす礎となる。
(オキモト・シュウ)

『神の雫』登場人物ごとの名言はこちら
違う話の名言が知りたい方はこちら
その他のオキモト・シュウ作品の名言についてはこちら


posted by mangakotoba at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

神の雫 292話 名言

困難の一つ一つは
目の前に立ち塞がったその時は
憎むべき存在だった
しかし 振り返ると
それほど遠い昔のことでもないのに
懐かしく感じられる
成功は「月」であり
困難こそ「太陽」なのだ
太陽がなければ月は決して輝くことがない
同じように困難のない成功は
人の心をときめかせることはないのだ
(神咲 豊多香)


『神の雫』登場人物ごとの名言はこちら
違う話の名言が知りたい方はこちら
その他のオキモト・シュウ作品の名言についてはこちら


posted by mangakotoba at 06:45 | Comment(0) | 神の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神の雫 294話 名言

一歩を踏み出さなければゴールは決して見えない
42、195kmはたった1mの一歩一歩の積み重ねなんだ
走り出さない者に決してゴールは訪れない
たとえ血まみれの困難が待ち受けていたとしても
走り出すことでしかゴールに近づくことはできないんだ
(遠峰 一青)



『神の雫』登場人物ごとの名言はこちら
違う話の名言が知りたい方はこちら
その他のオキモト・シュウ作品の名言についてはこちら


posted by mangakotoba at 06:40 | Comment(0) | 神の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神の雫 296話 名言

私は今回顧している
かつて 遠峰一青の前に立ちはだかった
様々な困難を・・・・・・
総ては今の私が私であるためのテロワールだった
私というワインを生み出した「大地」であり雨風であり
灼熱の「太陽」でもあったのだ
(遠峰 一青)


『神の雫』登場人物ごとの名言はこちら
違う話の名言が知りたい方はこちら
その他のオキモト・シュウ作品の名言についてはこちら


posted by mangakotoba at 06:35 | Comment(0) | 神の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神の雫 297話 名言

貴様がそこまで地位を築くまでの
日々の喜びと困難や屈辱・・・・・・
だがそれらだけでは足りなかった
貴様がこのワインの本質を掴むために必要だったのは
自らの踏みしめてきた長き道程を
自ら誇りに思うことだった
このワインは名声を求めない
このワインはどっしりとただそこに在る。
(土肥 ロベール)


この闘いを始めた頃貴様は
一青の背中すら見えていなかっただろうが
それが今は遠いことがわかるほどに見えてきている
離されたのではない
近づいたからこそ遠いことが感じられたのだ
今 初めてハッキリと
(土肥 ロベール)



『神の雫』登場人物ごとの名言はこちら
違う話の名言が知りたい方はこちら
その他のオキモト・シュウ作品の名言についてはこちら

posted by mangakotoba at 06:31 | Comment(0) | 神の雫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
年度末に確定申告
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。